対話型レズ風俗って?


おはようございます☀︎

朝起きてみたら花粉が酷くて、
両目を取り出して洗いたい衝動に駆られています…

最近暖かくなってきて嬉しいのだけど、
花粉が本気を出してきていてしんどいね…。

今日は東日本大震災の日。
今もなお避難生活を続けておられる方に、謹んで、エールを送ります。
そして、亡くなられた方のご冥福をお祈り致します。
幸いにも生き残った者として、あの日を忘れず、自分の生を全うすることに私は励みます。


今回は、「対話型レズ風俗ってなに?」
ということについて、お話しします。


対話型レズ風俗とは、一言で表すと

「"あなた"と"日々"を繕う(つくろう)お店」


…というか!そもそも
会話と対話の何が違うんだ、難しいことを言うな!

って思う方も居ると思うので、
よかったらこの後の説明も読んでいってください。


「会話」は、普段から行う何気ない言葉のやりとり、
意味のない冗談から普段の出来事を話すことまで、
広く言葉を交わすことを表します。

一方で「対話」とは、真剣に相手の話に耳を傾け、
同時にきちんと自分の言葉を聞いてもらっている
という「受け止められている実感を持つこと」です。

つまり。
自分が言っていることに対して、
きちんとグローブでキャッチしてくれて、
自分にボールが柔らかく投げ返されてくる。

対話型レズ風俗は、
そんなサービスを提供するところです。


レズ風俗には、様々なお客様がいらっしゃいます。

「レズ風俗行きたい!」

ってみんな一言でまとめるけど、
もちろんその根っこにある理由もそれぞれ。


さびしかった

レズビアンかもしれないって思ったら不安になった

誰も話す人がいない

女性のからだや風俗に興味があった

楽しさが欲しい

普段と違うことがしたい

自分を変えたい

などなど。


それらは、きっと「日々」の中では
受け止めてもらえるところがなくて、
自分では受け止めきれなかったり
生み出せなかったりするものなのかなと、
想像します。

それができるのが、レズ風俗という「非日常」。

でも、「非日常」はたまにしか使えないから。
だから私は、「日々」の中で使っていける情報や
場所や、話せる人を紹介することもあります。


私は、その「日々」と「非日常」を繕(つくろ)って、
繋げて、明日からの元気を与えられたら
最高のサービスになったなって、思えるのです。


対話型レズ風俗とは

「"あなた"と"日々"を繕(つくろ)う場所」

参考になりましたでしょうか…?

わからないことは、TwitterのDMや
公式HPのお問い合わせフォームからお気軽に
ご質問などくださいね!

迅速にお答えすることを心掛けております。

ではまた〜|ω・`)

【対話型レズ風俗 Relieve 〜リリーヴ〜】